細江 陽平


京都大学大学院工学研究科 講師


電気工学専攻 システム基礎論講座 萩原研究室


京都大学博士(工学)


DO-LAAS Research Fellow


E-Mail: hosoe



プロフィール

学歴

2005.3: 岐阜県立関高等学校 卒業
2009.3: 京都大学工学部電気電子工学科 卒業
2011.3: 京都大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程 修了※
2013.9: 京都大学大学院工学研究科電気工学専攻博士後期課程 修了※
(※博士課程前後期連携教育プログラムによる)

職歴

2012.4-2013.9: 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2013.10-2020.6: 京都大学大学院工学研究科 助教
2018.6-2019.3: Visiting Scholar, LAAS-CNRS, France
2020.7-: 京都大学大学院工学研究科 講師

受賞

平成23年度京都大学大学院工学研究科馬詰研究奨励賞
2013年度システム制御情報学会学会賞奨励賞
2013年度計測自動制御学会関西支部支部長賞奨励賞
2014 American Control Conference Best Presentation in Session Award
2015年度計測自動制御学会学術奨励賞研究奨励賞
第59回自動制御連合講演会優秀発表賞
計測自動制御学会制御部門 2018年制御部門大会賞
2020年度システム制御情報学会学会賞論文賞

所属学会

計測自動制御学会
システム制御情報学会
IEEE (CSS)

学会活動

計測自動制御学会制御部門制御理論部会 委員 (2016.1-12)
計測自動制御学会制御部門制御理論部会 制御理論合宿2016 実行委員
SICE ISCS 2017, Program Committee Member
計測自動制御学会制御部門制御理論部会 幹事 (2017.1-12)
SICE ISCS 2018, Program Committee Member, Working Group Member
第62回システム制御情報学会研究発表講演会 実行委員
システム制御情報学会編集委員会 委員 (2019.5-)
第64回自動制御連合講演会 実行委員
計測自動制御学会制御部門 副幹事 (2021)

研究・業績

主な研究内容

  • 確率的動特性をもつ系の制御
  • スケーリング手法を用いたロバスト安定解析・設計
  • 周期時変系の制御

学術論文 (*: corresponding author)

  1. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    On second-moment stability of discrete-time linear systems with general stochastic dynamics,
    IEEE Transactions on Automatic Control, to appear. (DOI: 10.1109/TAC.2021.3057994)
  2. *Y. Hosoe, D. Peaucelle and T. Hagiwara,
    Linearization of expectation-based inequality conditions in control for discrete-time linear systems represented with random polytopes,
    Automatica, Vol. 122, pp. 1--8, 2020. (DOI: 10.1016/j.automatica.2020.109228)
  3. 柳楽勇士,*細江陽平,萩原朋道,
    確率的スケーリング要素によるスケーリング効果の検証,
    計測自動制御学会論文集,Vol. 56,No. 8,pp. 421--423,2020.
  4. *柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    確率的動特性をもつ離散時間系に対する有界実補題,
    計測自動制御学会論文集,Vol. 55,No. 12,pp. 816--822,2019.
  5. *岡島寛,細江陽平,萩原朋道,
    マルチレート系の状態推定のための周期時変状態オブザーバのl2誘導ノルム評価による設計,
    計測自動制御学会論文集,Vol. 55,No. 12,pp. 792--799,2019.
  6. *Y. Nagira, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Causality of general input-output systems and extended small-gain theorem for their feedback connection,
    European Journal of Control, Vol. 50, pp. 51--61, 2019. (DOI: 10.1016/j.ejcon.2019.05.007)
  7. *柳楽勇士,松崎弘樹,細江陽平,萩原朋道,
    モード遷移確率が時変パラメータに依存するマルコフジャンプ系のゲインスケジュールド状態フィードバック設計,
    システム制御情報学会論文誌,Vol. 32,No. 11,pp. 396--407,2019.
  8. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Equivalent stability notions, Lyapunov inequality, and its application in discrete-time linear systems with stochastic dynamics determined by an i.i.d. process,
    IEEE Transactions on Automatic Control, Vol. 64, No. 11, pp. 4764--4771, 2019. (DOI: 10.1109/TAC.2019.2905216)
  9. *Y. Hosoe and D. Peaucelle,
    Static output feedback stabilization of discrete-time linear systems with stochastic dynamics determined by an independent identically distributed process,
    IEEE Control Systems Letters, Vol. 3, No. 3, pp. 673--678, 2019. (DOI: 10.1109/LCSYS.2019.2916289)
  10. *細江陽平,奥野誠也,萩原朋道,
    確率系制御のためのL∞およびL1ノルムに基づく累積分布関数の近似,
    システム制御情報学会論文誌,Vol. 32,No. 4,pp. 145--153,2019.(DOI: 10.5687/iscie.32.145)
  11. *Y. Hosoe, M. Miyamoto and T. Hagiwara,
    Cycling-based synthesis of robust output estimators for uncertain LPTV systems,
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol. 12, No. 2, pp. 39--46, 2019. (DOI: 10.9746/jcmsi.12.39)
  12. *岡島寛,細江陽平,萩原朋道,
    許容平均ビットレート制約を満足する周期時変動的量子化器の構成,
    計測自動制御学会論文集,Vol. 54,No. 11,pp. 827--835,2018. (DOI: 10.9746/sicetr.54.827)
  13. *Y. Hosoe, T. Hagiwara and D. Peaucelle,
    Robust stability analysis and state feedback synthesis for discrete-time systems characterized by random polytopes,
    IEEE Transactions on Automatic Control, Vol. 63, No. 2, pp. 556--562, 2018. (DOI: 10.1109/TAC.2017.2730586)
  14. M. Miyamoto, *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis with cycling-based LPTV scaling: Part II. Its properties under the use of FIR separators,
    International Journal of Control, Vol. 90, No. 7, pp. 1358--1370, 2017. (DOI: 10.1080/00207179.2016.1206971)
  15. M. Miyamoto, *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis with cycling-based LPTV scaling: Part I. Fundamental results on its relationship with lifting-based LPTV scaling,
    International Journal of Control, Vol. 90, No. 7, pp. 1345--1357, 2017. (DOI: 10.1080/00207179.2016.1206970)
  16. *D. Peaucelle, Y. Ebihara and Y. Hosoe,
    Robust observed-state feedback design for discrete-time systems rational in the uncertainties,
    Automatica, Vol. 76, No. 2, pp. 96--102, 2017. (DOI: 10.1016/j.automatica.2016.10.003)
  17. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis based on finite impulse response scaling for discrete-time linear time-invariant systems,
    IET Control Theory & Applications, Vol. 7, No. 11, pp. 1463--1471, 2013. (DOI: 10.1049/iet-cta.2013.0053)
  18. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Unified treatment of robust stability conditions for discrete-time systems through an infinite matrix framework,
    Automatica, Vol. 49, No. 5, pp. 1488--1493, 2013. (DOI: 10.1016/j.automatica.2013.02.017)
  19. 片山啓,*細江陽平,萩原朋道,
    台車型倒立振子制御実験による非因果的周期時変スケーリングに基づくロバスト性能設計の有効性検証,
    システム制御情報学会論文誌,Vol. 26,No. 5,pp. 165--173,2013. (DOI: 10.5687/iscie.26.165)
  20. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust performance controller synthesis based on discrete-time noncausal linear periodically time-varying scaling,
    Asian Journal of Control, Vol. 14, No. 5, pp. 1194--1204, 2012. (DOI: 10.1002/asjc.473)
  21. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Properties of discrete-time noncausal linear periodically time-varying scaling and their relationship with shift-invariance in lifting-timing,
    International Journal of Control, Vol. 84, No. 6, pp. 1067--1079, 2011. (DOI: 10.1080/00207179.2011.591432)
  22. *細江陽平,萩原朋道,
    離散時間非因果的周期時変スケーリングに基づくロバスト安定化制御器設計,
    計測自動制御学会論文集,Vol. 46,No. 4,pp. 219--228,2010. (DOI: 10.9746/sicetr.46.219)

解説記事 (*: corresponding author)

  1. *細江陽平
    確率的なパラメータをもつ系の制御,
    計測と制御,Vol. 59,No. 3,pp. 212--217,2020.
  2. *細江陽平,萩原朋道,
    動的スケーリングに基づく離散時間系のロバスト安定解析,
    システム/制御/情報,Vol. 60,No. 2,pp. 54--59,2016.

国際会議論文 (*: corresponding author)

  1. *K. Osaki, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Metaheuristics-based approximation of two-dimensional probability distributions for stochastic systems control,
    Proc. 21st IFAC World Congress, to be presented.
  2. *Y. Hosoe and D. Peaucelle,
    Static output feedback stabilization of discrete-time linear systems with stochastic dynamics determined by an i.i.d. process,
    Proc. 2019 IEEE Conference on Decision and Control, ThC19.4, pp. 5400--5405, Nice, France, December 2019.
  3. *H. Okajima, Y. Hosoe, T. Hagiwara and Y. Minami,
    Basic idea of periodically time-varying dynamic quantizer in networked control systems,
    Proc. SICE Annual Conference 2019, pp. 883--889, Hiroshima, Japan, September 2019.
  4. *Y. Nagira, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    On stability analysis based on stochastic D-scaling,
    Proc. 2018 IEEE Conference on Decision and Control, MoB07.1, pp. 1035--1040, Miami Beach, FL, USA, December 2018.
  5. *Y. Nagira, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Stochastic D-scaling technique for application in robust stability analysis of uncertain discrete-time stochastic systems,
    Proc. SICE Annual Conference 2018, pp. 1414--1417, Nara, Japan, September 2018.
  6. *Y. Nagira, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    The lp induced norm and the small-gain theorem for discrete-time stochastic systems,
    Proc. 2018 European Control Conference, FrC6.4, pp. 3089--3094, Limassol, Cyprus, June 2018.
  7. *Y. Hosoe, M. Miyamoto and T. Hagiwara,
    Robust output estimator synthesis based on cycling-based LPTV scaling,
    Proc. 20th IFAC World Congress, WeA15.6, pp. 7839--7844, Toulouse, France, July 2017.
  8. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis of discrete-time linear systems with dynamics determined by a Markov process,
    Proc. 20th IFAC World Congress, TuA04.1, pp. 3892--3897, Toulouse, France, July 2017.
  9. *Y. Hosoe, Y. Nagira and T. Hagiwara,
    Random polytope representation of discrete-time uncertain stochastic switched systems and robust stabilization,
    Proc. 15th European Control Conference, FrA8.1, pp. 2029--2034, Aalborg, Denmark, July 2016.
  10. *Y. Hosoe and D. Peaucelle,
    S-variable approach to robust stabilization state feedback synthesis for systems characterized by random polytopes,
    Proc. 15th European Control Conference, FrA7.6, pp. 2023--2028, Aalborg, Denmark, July 2016.
  11. *Y. Nagira, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Gain-scheduled state feedback synthesis for systems characterized by random polytopes,
    Proc. 54th IEEE Conference on Decision and Control, TuB03.3, pp. 741--746, Osaka, Japan, December 2015.
  12. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Extension of the concept of random polytopes and robust stabilization synthesis,
    Proc. 14th European Control Conference, FrA13.2, pp. 2858--2863, Linz, Austria, July 2015.
  13. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    State feedback synthesis for robust stabilization of discrete-time linear systems characterized by stochastic polytopes,
    Proc. 13th European Control Conference, WeB7.6, pp. 612--617, Strasbourg, France, June 2014.
  14. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis of discrete-time linear systems characterized by stochastic polytopes,
    Proc. 2014 American Control Conference, FrB17.3, pp. 4973--4978, Portland, USA, June 2014.
  15. *R. Yamamoto, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Introducing integral compensation into controller synthesis based on noncausal LPTV scaling and control experiments with cart inverted pendulum,
    Proc. SICE Annual Conference 2013, pp. 446--451, Nagoya, Japan, September 2013.
  16. *T. Hikihara, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Manipulation of fluxoid by electromagnetic perturbation,
    Proc. 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp. 34--37, Santa Fe, USA, September 2013.
  17. *K. Katayama, Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Demonstrating the effectiveness of noncausal LPTV scaling through control experiments with cart inverted pendulum,
    Proc. 5th IFAC International Workshop on Periodic Control Systems, ThS6T1.4, pp. 143--148, Caen, France, July 2013.
  18. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis based on noncausal LPTV FIR scaling: Explicit procedure and relationship with causal LTI FIR scaling,
    Proc. 51st IEEE Conference on Decision and Control, MoA06.5, pp. 240--247, Maui, USA, December 2012.
  19. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis based on discrete-time FIR scaling,
    Proc. 2012 American Control Conference, FrB21.2, pp. 5972--5979, Montreal, Canada, June 2012.
  20. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Infinite matrix representations of robust stability conditions for discrete-time systems,
    Proc. 50th IEEE Conference on Decision and Control and European Control Conference, MoB18.4, pp. 1359--1366, Orlando, USA, December 2011.
  21. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Robust stability analysis with cycling-based LPTV scaling and its relationship with lifting-based approach,
    Proc. SICE Annual Conference 2011, FrA13-06, pp. 1782--1790, Tokyo, Japan, September 2011.
  22. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Relationship between noncausal linear periodically time-varying scaling and causal linear time-invariant scaling for discrete-time systems,
    Proc. 18th IFAC World Congress, TuA06.6, pp. 3384--3391, Milano, Italy, August 2011.
  23. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Synthesis of robust performance controllers based on discrete-time noncausal linear periodically time-varying scaling,
    Proc. IFAC International Workshop on Periodic Control Systems, Fr2B-79 (6 pages), Antalya, Turkey, August 2010.
  24. *Y. Hosoe and T. Hagiwara,
    Effects induced by noncausality of scaling on robust stability analysis of discrete-time periodically time-varying systems,
    Proc. SICE Annual Conference 2010, SB07.01, pp. 3017--3023, Taipei, Taiwan, August 2010.

国内学会 (○: 登壇者)

  1. ○滝田大暉,細江陽平,萩原朋道,
    確率系に対する制御器設計のためのコルモゴロフ距離に基づく多次元確率分布の近似,
    第64回システム制御情報学会研究発表講演会,GS26-5,pp. 1075--1078,神戸,2020年5月.
  2. ○後田尚紀,細江陽平,萩原朋道,
    確率的動特性をもつ離散時間系に対する有界実補題とその妥当性検証,
    第64回システム制御情報学会研究発表講演会,GS26-4,pp. 1069--1074,神戸,2020年5月.
  3. ○岡島寛,細江陽平,萩原朋道,
    マルチレート観測を利用した状態オブザーバのl2誘導ノルム評価に基づく周期時変ゲイン設計と性能評価,
    第7回制御部門マルチシンポジウム,3B1-3,徳島,2020年3月.
  4. 細江陽平
    確率的動特性をもつ離散時間系の制御,
    第62回自動制御連合講演会,1B3-01 (5ページ原稿),札幌,2019年11月.
  5. ○大崎健太,細江陽平,萩原朋道,
    確率系制御のためのメタヒューリスティクスを用いた2次元確率分布の近似,
    第63回システム制御情報学会研究発表講演会,GSb05-1,pp. 348--353,大阪,2019年5月.
  6. ○山口郁馬,柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    確率的動的Dスケーリングに基づくロバスト安定解析に関する考察,
    第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,3F1-3 (8ページ原稿),熊本,2019年3月.
  7. ○松崎弘樹,柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    モード遷移確率が時変パラメータに依存する確率的スイッチドシステムのゲインスケジューリング制御,
    第62回システム制御情報学会研究発表講演会,344-7 (6ページ原稿),京都,2018年5月.
  8. ○奥野誠也,細江陽平,萩原朋道,
    累積分布関数のL∞およびL1ノルムに基づく近似を用いた確率系の安定化設計,
    第62回システム制御情報学会研究発表講演会,114-5 (6ページ原稿),京都,2018年5月.
  9. ○柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    確率的Dスケーリングに基づく安定解析に関する考察,
    第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,Su63-2 (6ページ原稿),東京,2018年3月.
  10. ○岡本高志,細江陽平,萩原朋道,
    確率的な動特性を有するシステムとしての同定について:DCモータとそのH2制御実験を通した一考察,
    第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,Sa43-4 (8ページ原稿),東京,2018年3月.
  11. ○柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    一般的な入出力系の因果性に関する考察,
    第60回自動制御連合講演会,SaJ2-4 (8ページ原稿),調布,2017年11月.
  12. 細江陽平,岡本高志,萩原朋道,
    確率的動特性をもつ離散時間線形系のH2性能解析および設計,
    第60回自動制御連合講演会,SaG2-4 (7ページ原稿),調布,2017年11月.
  13. ○山内敏嗣,細江陽平,萩原朋道,
    ディスクリプタ形式の離散時間確率系に対するロバスト安定化状態フィードバック制御,
    第61回システム制御情報学会研究発表講演会,262-3 (5ページ原稿),京都,2017年5月.
  14. ○福井章悟,細江陽平,萩原朋道,
    確率的なダイナミクスを有する離散時間線形系のロバスト安定化出力フィードバック制御,
    第61回システム制御情報学会研究発表講演会,116-2 (6ページ原稿),京都,2017年5月.
  15. ○柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    離散時間確率系に対するl2誘導ノルムの定義とスモールゲイン定理の導出,
    第4回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,2G3-5 (8ページ原稿),岡山,2017年3月.
  16. ○細江陽平,萩原朋道,
    確率的なダイナミクスを有する線形系に対するリアプノフ不等式,
    第4回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,2G3-4 (7ページ原稿),岡山,2017年3月.
  17. 細江陽平,萩原朋道,
    マルコフ過程依存の離散時間確率系のロバスト安定解析,
    第59回自動制御連合講演会,ThA4-4,pp. 83--86,北九州,2016年11月.
  18. ○三田浩雅,細江陽平,萩原朋道,
    LFT表現された不確かな確率系のロバスト安定解析および状態フィードバック安定化,
    第60回システム制御情報学会研究発表講演会,226-4 (5ページ原稿),京都,2016年5月.
  19. ○岡本高志,細江陽平,萩原朋道,
    確率的ポリトープで特徴づけられる系に対する状態フィードバックロバストH2制御,
    第60回システム制御情報学会研究発表講演会,226-3 (5ページ原稿),京都,2016年5月.
  20. 細江陽平,○柳楽勇士,萩原朋道,
    不確かな確率的スイッチドシステムの確率的ポリトープ表現とロバスト安定化,
    第3回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,3D2-3 (7ページ原稿),名古屋,2016年3月.
  21. ○柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    確率的ポリトープを用いたゲインスケジューリング制御の有効性の数値例検証,
    平成27年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会,B1-5,pp. 16--20,大阪,2016年1月.
  22. ○福場真佑,細江陽平,萩原朋道,
    非負なサブシステムを有する線形時不変系の安定性・H∞性能解析におけるリアプノフ行列の構造,
    第59回システム制御情報学会研究発表講演会,342-3 (4ページ原稿),大阪,2015年5月.
  23. ○柳楽勇士,細江陽平,萩原朋道,
    確率的ポリトープで特徴づけられる系に対するゲインスケジュールド状態フィードバック設計,
    第2回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,732-1 (7ページ原稿),東京,2015年3月.
  24. ○細江陽平,萩原朋道,
    確率的ポリトープの概念的拡張とロバスト安定化設計,
    第57回自動制御連合講演会,1D03-1,pp. 235--241,渋川,2014年11月.
  25. ○宮本光曜,細江陽平,萩原朋道,
    サイクリングに基づく周期時変スケーリングによるロバスト安定解析 Part 2: FIRセパレータのもとでのその性質,
    第57回自動制御連合講演会,1B03-3,pp. 204--211,渋川,2014年11月.
  26. ○宮本光曜,細江陽平,萩原朋道,
    サイクリングに基づく周期時変スケーリングによるロバスト安定解析 Part 1: セパレータの無限行列表現の導出,
    第57回自動制御連合講演会,1B03-2,pp. 196--203,渋川,2014年11月.
  27. ○福場真佑,細江陽平,萩原朋道,
    Convex Quadratic Separator を用いた非因果的周期時変スケーリングに基づくロバスト安定解析・設計,
    第58回システム制御情報学会研究発表講演会,343-7 (5ページ原稿),京都,2014年5月.
  28. ○山下拓郎,細江陽平,萩原朋道,
    確率的ポリトープで特徴づけられる系のロバスト安定化状態フィードバックの生成標本数を低減化した設計,
    第58回システム制御情報学会研究発表講演会,341-2 (5ページ原稿),京都,2014年5月.
  29. 細江陽平,玉手修平,萩原朋道,
    確率的ポリトープで特徴づけられる系のロバスト p 次平均安定性解析,
    第58回システム制御情報学会研究発表講演会,341-1 (5ページ原稿),京都,2014年5月.
  30. 細江陽平,萩原朋道,
    確率的ポリトープにより特徴づけられる離散時間系のロバスト安定化状態フィードバック設計,
    第1回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,6C2-4 (7ページ原稿),調布,2014年3月.
  31. ○山本率矢,細江陽平,萩原朋道,
    非因果的周期時変スケーリングに基づく制御器設計への積分補償の導入と台車型倒立振子制御,
    第57回システム制御情報学会研究発表講演会,333-3 (4ページ原稿),神戸,2013年5月.
  32. 細江陽平,萩原朋道,
    ポリトープ型確率不確かさを有する離散時間系のロバスト安定解析,
    第57回システム制御情報学会研究発表講演会,213-6 (5ページ原稿),神戸,2013年5月.
  33. ○宮本光曜,細江陽平,萩原朋道,
    ラゲール基底およびカウツ基底を利用した動的スケーリングに基づくロバスト安定解析,
    第57回システム制御情報学会研究発表講演会,123-6 (4ページ原稿),神戸,2013年5月.
  34. 細江陽平,萩原朋道,
    FIRスケーリングに基づくロバスト安定解析の時間依存性導入による保守性低減,
    第56回システム制御情報学会研究発表講演会,W42-2,pp. 589--590,京都,2012年5月.
  35. ○片山啓,細江陽平,萩原朋道,
    台車型倒立振子制御実験による非因果的周期時変スケーリングに基づくロバスト性能設計の有効性検証,
    第56回システム制御情報学会研究発表講演会,W42-1,pp. 587--588,京都,2012年5月.
  36. 細江陽平,萩原朋道,
    構造的不確かさの動的要素に対するFIRスケーリングの活用,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会,7ページ原稿,奈良,2012年3月.
  37. 細江陽平,萩原朋道,
    離散時間FIRスケーリングに基づくロバスト安定解析,
    第40回計測自動制御学会制御理論シンポジウム,pp. 301--308,大阪,2011年9月.
  38. 細江陽平,萩原朋道,
    無限次元行列表現に基づく離散時間系のロバスト安定条件,
    第11回計測自動制御学会制御部門大会,185-1-3 (8ページ原稿),那覇,2011年3月.
  39. 細江陽平,萩原朋道,
    タイミングシフト不変性と離散時間非因果的周期時変スケーリングの関係,
    第11回計測自動制御学会制御部門大会,185-1-2 (8ページ原稿),那覇,2011年3月.
  40. 細江陽平,萩原朋道,
    離散時間系における非因果的周期時変スケーリングと因果的時不変スケーリングの関係,
    第39回計測自動制御学会制御理論シンポジウム,pp. 51--56,大阪,2010年9月.
  41. 細江陽平,萩原朋道,
    離散時間周期時変系の非因果的スケーリングに基づくロバスト安定解析に関する一考察,
    第54回システム制御情報学会研究発表講演会,W35-3,pp. 233--234,京都,2010年5月.
  42. 細江陽平,萩原朋道,引原隆士,
    外部摂動によりマニピュレーションされた磁束量子の数値シミュレーション,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 109,No. 458,pp. 47--52,東京,2010年3月.
  43. 細江陽平,萩原朋道,
    離散時間非因果的周期時変スケーリングに基づくロバスト制御器設計手法の性質とその応用,
    第38回計測自動制御学会制御理論シンポジウム,pp. 195--200,大阪,2009年9月.
  44. 細江陽平,萩原朋道,
    非因果的周期時変スケーリングに基づく離散時間ロバスト安定化コントローラの設計,
    第9回計測自動制御学会制御部門大会,TA5-4 (6ページ原稿),東広島,2009年3月.
  45. 細江陽平,大原康宏,蛯原義雄,萩原朋道,
    静的セパレータにより表現される不等式制約を満たす離散時間コントローラの設計,
    計測自動制御学会関西支部若手研究発表会,pp. 9--12,大阪,2009年1月.

その他

訪問

2012.9-10: Lund University, Sweden (Prof. Anders Rantzer)
2014.6-7, 2015.7, 2017.3: LAAS-CNRS, France (Dr. Dimitri Peaucelle)

科学研究費補助金(代表)

2012-2013年度 特別研究員奨励費 (直接:2,000千円,間接:0千円)
  「非因果的周期時変スケーリングに基づくロバスト制御の理論基盤確立と実用性検証」
2014-2016年度 若手研究(B) (直接:3,000千円,間接:900千円)
  「不確かな分布を有する離散時間確率系に対するロバスト制御の理論基盤整備」
2017-2019年度 若手研究(B) (直接:3,400千円,間接:1,020千円)
  「確率的なダイナミクスを有する線形系に対するロバスト制御理論の高度化」
2020-2022年度 基盤研究(C) (直接:3,300千円,間接:990千円)
  「確率的動特性をもつ系の制御理論深化とその応用」

助成金(代表)

日本学生支援機構 平成22年度特に優れた業績による返還免除の認定(全額)
京都大学教育研究振興財団 平成23年度国際研究集会発表助成(200千円)
NEC C&C 財団 平成23年度後期国際会議論文発表者助成(200千円)
日本学生支援機構 平成23年度特に優れた業績による返還免除の認定(全額)
村田学術振興財団 平成24年度研究者海外派遣援助(200千円)
三豊科学技術振興協会 平成24年度国際交流助成(227千円)
平成25年度第II期京都大学若手研究者スタートアップ研究費(160千円)
2014年度パワーアカデミー研究助成 「萌芽研究」(1,000千円)
  「確率的スイッチング系としてモデル化される電力システムに適用可能なロバスト制御手法の構築」
平成28年度「光・電子理工学国際人材育成プログラムの深化」のための若手研究者海外派遣(294千円)
平成30年度京都大学若手人材派遣事業ジョン万プログラム「研究者派遣プログラム」(2,700千円)

共同研究

2020年度1件

セミナー等

  • Stability of discrete-time linear systems with stochastic dynamics,
    Workshop on Robust Control and Convex Optimization, Toulouse, France, March 2019.
  • Discrete-time linear systems with stochastic dynamics and LMI-based control,
    LAAS-CNRS, Toulouse, France, July 2018.
  • 確率的ポリトープで特徴づけられる系のロバスト安定化状態フィードバック設計,
    非負システムの制御理論と実システムへの応用に関する調査研究会,名古屋,2015年9月.
  • 非負なサブシステムを有する線形時不変系の安定性・H∞性能解析におけるリアプノフ行列の構造,
    非負システムの制御理論と実システムへの応用に関する調査研究会,浜松,2015年2月.
  • Robust stability analysis and synthesis for discrete-time systems characterized by stochastic polytopes,
    LAAS-CNRS, Toulouse, France, July 2014.
  • 確率的ポリトープ型不定性を有する離散時間系のロバスト安定解析,
    計測自動制御学会制御部門制御理論部会制御理論合宿,大阪,2013年9月.
  • Robust stability analysis based on noncausal LPTV FIR scaling,
    6th GCOE International Symposium on Photonics and Electronics Science and Engineering, Kyoto University, Kyoto, Japan, March 2013.
  • Robust stability analysis based on noncausal LPTV FIR scaling,
    Lund University, Lund, Sweden, October 2012.
  • Infinite matrix representations of robust stability conditions,
    5th GCOE International Symposium on Photonics and Electronics Science and Engineering, Kyoto University, Kyoto, Japan, March 2012.


研究室のホームページへ戻る

サイトポリシー